So-net無料ブログ作成
検索選択

取材中に他人の郵便物を開封 TBS系番組で謝罪(産経新聞)

 TBS系の「報道特集NEXT」などで放送された特集番組を作った制作会社の担当者が、詐欺事件の取材過程で他人の郵便物を無断で開封し、中身を見ていたことが15日、分かった。

 TBS広報部によると、特集が放送されたのは、昨年12月5日放送の「報道特集NEXT」と、同8日の「イブニングワイド」。

 両番組では、外国人の男性がかかわっているとみられる詐欺の手口について特集。企画を持ち込んだのは制作会社「APF通信社」で、同通信社の担当者は取材過程で、取材対象の男性の本名を突き止めるため、男性のアパートの郵便受けから公共料金の請求書を抜き取り、シールをめくって中の記載事項を確認した。その後、修復して元に戻したという。

 TBSはこの事実を知らされないまま、同番組を放送。今月14日の「イブニングワイド」で「今後、このようなことが生じないよう全力を尽くしていきたい」などと謝罪した。

【関連記事】
みのもんた、「朝ズバッ!」勧告で謝罪
岡田監督TBS取材拒否を協会が異例の説明
「美人記者」報道でフラッシュが謝罪広告 TBSと和解
TBS「キミハ・ブレイク」収録で深夜に打ち上げ花火 警視庁が注意
清掃シーンはTBSの依頼で撮影 「誤解を与えかねない」と謝罪

「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示−那覇地裁(時事通信)
<日米安保>調印50年 首相「普天間が試金石」(毎日新聞)
<前原国交相>JR不採用問題「早く解決を」(毎日新聞)
北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
強盗に縛られ4日半、62歳男性助けられる(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。